• hypnoeriko

ノベル・セラピー

最終更新: 3月11日

『ノベル・セラピー®』という言葉

をとあるワークショップサイトで

見たのがきっかけで、

ノベルセラピスト養成講座を受講し

ノベル・セラピー®協会認定の

ノベルセラピストとして登録したの

が昨年9月のこと。


去年はヒプノセラピーのセッション

も自粛気味になり

リモートセッションの可能性を探り

つつも

セッションを受ける方達、

そしてセラピーを提供する側も、

正直すぐリモートに切替えられる

状況ではありませんでした。

そういった背景から時間もあり、

その中でノベル・セラピーに出会っ

たわけです。

これもコロナ禍のなせるワザという

ものでしょう。


とはいえノベル・セラピーは、

今日本での認知度はまだまだ低いの

が現状のようです。


このブログに行き着いた方にも

ノベル・セラピーのことをご存じの

方もいれば、初めて知った方もいる

かと思います。

知らない方の方が多いかな、まだ。


私なりにノベル・セラピーをここで

ご紹介したいと思います。


ノベル・セラピーのノベル(novel)

は日本語にすると「小説」です。

セラピー(therapy)とは、

「薬や手術を用いない治療」を意味

します。

ここでは心理療法として捉えてくださ

い。つまりノベル・セラピーとは

「小説を用いた心理療法」ということ

になります。


ノベル・セラピーはカナダ、バンクー

バー在住のOjha・Emu・Goto氏が、

2011年に自身のワークショップで

用いたのが最初です。

彼女はこのメソッドを確立し、以降

たくさんのワークショップ活動をし

てこられました。

そして2020年、その一環のワーク

ショップに参加したのがノベル・

セラピーと彼女との出会いです。

Ojha氏はとてもチャーミングで、

柔らかい雰囲気で包んでくれる

すてきな女性です。


さて、私がノベル・セラピーを説明

するならば、こうなります。


ノベル・セラピーは

即興の物語をつくること、語ること

です。


ノベル・セラピーでは

物語を作っていくうちに作りての

内面にある経験や精神性、本来持ち

合わせている能力や魅力が浮かび

上がって、オリジナリティ溢れる

唯一無二の物語になります。


ノベルセラピーでは

物語を他の参加者と共有することで

各々が潜在的に持っている課題の

解決や、立ち止まっている想いを

前に進めることを目的としています。


物語を即興でつくるなんて自分に

できるんだろうか?と思うかもしれ

ませんが、

ワークショップでは誰もが簡単に

つくれるようにお話しづくりの流れ

に工夫を凝らしています。


そして、ノベル・セラピーのワーク

ショップに参加されるにあたっての

コツですが、

・まずは楽しんで作品をつくったり

語る内容に入り込んでいく(没入)

・そして他の参加者の作品の世界に

聴き入る

つまり、コツは

【楽しむ・没入・聴き入る】

この3つだと、わたしは思います。


ノベル・セラピーについて多少は

おわかりいただけたでしょうか?

機会がありましたら是非

ノベル・セラピーのワークショップ

に参加してみてほしいなと思います。


そしてこのノベル・セラピーですが

グループ形式もあれば

個別での対応も可能です。


カルペディエムでは個人セッション

して3月から、セッションメニューに

加わります。

リモートでもできるので

遠方の方や現在外に出づらい方にも

お勧めです。

ワーク自体はとてもシンプルな流れ

ですが、

できあがった作品について自己内対

話をしたり客観的に捉えてみること

で、深い内観や気づきをもたらして

くれます。


更にご希望があれば

できあがった作品の本質にあるものを

言語化してお伝えする

ソウルリーディングをいたします。


近くなりましたら詳しい情報をサイト

でお知らせしますね!


************************


昨年、わたしが初めて知ってその扉を

開けたのがノベル・セラピーですが、

今後、新しいタイプの心理療法として

このメソッドが様々なワークにとり入

れられることを確信しています。


自粛期間中の出会いや発見、、、

あなたにもそんなきっかけってあった

のではないでしょうか。

しかもそれがまさに人生の転機

なった・・・なんてこともあることで

しょう。


そして、意外とそれってシンプルな

ことだったりするのかもしれません。




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Instagram

©2021 by カルペ・ディエム