FBカバー写真Sサイズ20190530.jpg

セラピスト紹介

『初めまして。カルペ・ディエムのセラピスト  えりこです』

サイトに来ていただき ありがとうございます。

20代の頃から医療関係のマーケティングリサーチ会社に勤務していました。

在籍中に結婚や出産を経て退職、ヒプノセラピーとの出会いはそれ以降になります。

ヒプノセラピーの扉を開けた理由としては興味や好奇心が一番ですが、当時のわたしは子育て中で どんな子育てが正解なのか悩んでいる頃でもありました。

子育ての時期には自分の子ども時代を思い浮かべる機会も多く、幼い頃や学生の頃を思い出すとなにか馴染みのある孤独の感覚に触れたり 自己肯定感が低くなっていくような気持ちになっていたのです。

それらの感情や感覚は漠然としたものでしたが、ある日 インナーチャイルド療法の講座の実習中に思わぬカタチで現れます。私は実習でカウンセリングを受けている段階で高校生の頃にいた実家の部屋を思い浮かべ 既に催眠状態に入っていたようでした。

当時の感覚のあまりの鮮明さと感情があふれるさまに驚きつつ、涙が止まらなかったのを今でもはっきりと覚えています。孤独や自己否定の感覚はまさにそこで感じていたもの、そしてそこにいたのは摂食障害の私 でした。

ヒプノセラピーによって私は摂食障害だった頃の自分と対峙しその感情に触れ、感じることができました。しかも記憶がないようなあるような場面をはっきりと味わい、当時気づかなかった家族の想いや感情を感じることもできたのです。

セッションを受けてわかったことの1つにあるのは、

”自分の人生は自分のモノ、誰のモノでもない” ということ。

そこで理解したことを周囲との関係性に置きかえられたのもとても大きな経験でした。

また 受講中にも多くの人が変容していく様子を見たり 自分の経験や実際のセッションから、ヒプノセラピーが短期間で変容を起こせるセラピーであると実感するようにもなりました。

 
daisies-5343423_1920.jpg

とはいえ 日々の生活では悩んだり落ち込んだりしますし、セラピーの領域に身を置いても自分が完璧な人間とは思っていません(完璧さにも人それぞれの捉え方がありますね)。

それでも今を生きていて、この 今の連続は間違いなく未来へと繋がっていきます。

未来に繋がる道、未来に繋げる方法はいつでも見つけることができて どの時点からでも変えることができて、その行動を起こすのは自分自身です。

道の途中にあるわたし達ですが その折々で心身のメンテナンスは大切で、メンテナンスにもいろんな方法があると思います。

今ここにある自分が立ち止まったり、見つめ直したい時には ヒプノセラピーをその1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

あなたの人生はあなた自身のモノで、誰のモノでもありません。

どうか今という瞬間をあなたらしく生きてほしいと思います。

そして今日より明日がずっとすばらしいものでありますように!

【ご不明な点/お知りになりたいことはお気軽にご連絡ください】

 
工場を持っている手

◆修了講座

IHF(国際催眠連盟)認定 前世療法講座 Ⅰ , Ⅱ

IHF(国際催眠連盟)認定 インナーチャイルド療法 Ⅰ , Ⅱ

ABH(米国催眠療法協会) 認定 現代催眠講座

米国NLP協会 NLPプラクティショナー講座、NLPマスター講座 他


◆メンバーシップ

NGH(National Guild of Hypnotists)会員

IHF(International Hypnosis Federation) 会員

ABH (American Board of Hyonotherapy)会員

全日本ヒプノセラピスト協会認定マスターヒプノセラピスト

*協会サイト; https://www.alljapanhypno.com/

ノベル・セラピー(R)協会 認定セラピスト 

*協会サイト; https://www.noveltherapyjapan.com/