インナーチャイルド療法とは

わたし達の潜在意識と顕在意識は8才前後まで繋がっていると言われ、その幼少期時代には誰もが多くの体験や情報を受け取っています。

また、幼少期には非言語(表情や視線、身振り、姿勢等)から受け取り感じていることも多くあります。子供時代は1人で生きていくことは難しく親または養育する立場の大人に守られて過ごしていますが、一方で小さな子供にはその場所が全てで様々な決断をしながら適応していきます。その場所に居続けるために小さな心と頭で精いっぱい考えた選択や決断には、今はもう必要がなくなったものもあるかもしれません。

インナーチャイルド療法では心身がリラックスした状態で幼少期時代に退行します。子ども時代のご自身のエネルギーを解放し、現在のあなたと統合することでより深い気づきを得ることができます。そこからまた始めていきましょう。

【インナーチャイルド療法が適しているテーマの例】

☆日々の生活や仕事にストレスを感じる

☆生きづらさを感じている

​​☆繰り返してしまう感情/行動がある

☆特定の状況になるとネガティブな反応(感情)が起きやすい

​​​☆対人関係の問題(家族、恋愛、会社、学校 等)

​☆性格を変えたい

☆恋愛や結婚に対して不安がある

​☆過去の経験が現在の生活や将来に影響していると思う  ・・・etc.

※あらかじめヒプノセラピーや催眠について説明した上でセッションを進めていきます。

3人の子供たち